So-net無料ブログ作成
検索選択

真冬の利尻モニターツアー (2/28) Vol.2 [島旅]

DSC01661-m.jpg
(早朝の利尻富士)

ツアー2日目)

今日は朝からいい天気。
標高1721mの利尻富士は、ピークまではっきり見えてました。この時はね...

本当に美しい山です。

DSC01651-ss.jpg(部屋の窓から)

海もべた凪。
いい感じです。泳ぎたいです。

今日は、スノーシューで、スノートレッキング。
標高約550mの森林限界まで歩く。

DSC01732-ss.jpg(スノーシュー)
DSC01695-s.jpg(こんな感じで..)

普段は歩けない林の中を、ザクザクと雪を踏みしめながら歩くのは本当に気持ちがいい。

一見丈夫そうに見えて骨粗しょう症の木、
 キツツキ(クマゲラ、コゲラ)に突かれて穴だらけになった木、
  雪の重みで性格が2度も曲がってしまった木、
   サルが100匹座っても「こしかけ」があまってしまう白樺....


自然が造りだす不思議な造形に魅せられた。
面白い!

DSC01697-ss.jpgDSC01685-ss.jpg
DSC01691-ss.jpgDSC01712-ss.jpg

森林限界に達した時に雪が舞いだしたため、利尻富士は拝めなかった。残念!

目指したのは、「利尻の主」
樹齢、”わからん年”、周囲、四尋(ヒロ)のミズナラの巨木。
威風堂々、山の守り神だ。
ここで、しばしの休憩。

DSC01716-m.jpg(利尻の主)

そんな、Eco な遊びをした後は、なぜか暴走族と化す自分がいた。

初めてのスノーモービル体験、Max180km のメータがついた 700ccの大パワー。
リーンインしまくり、若くない血が騒ぐ!

DSC01748-ss.jpg

夜は、大交流会。
やはり、類は友を呼ぶというか、なんというか、個性的な人たちの集まりである。
楽しい面々。

DSC01761-s.jpg

当然の流れで、2次会へ...

DSC01764-s.jpg

「魚勝」で食べた、”たちかま”(スケソウダラの白子が原料)と”しょうゆラーメン”。
はっきり言いますが、旨いです。

DSC01765-sss.jpgDSC01769-sss.jpg
(たちかま)

ってこてとで、今日も利尻の夜は更けていくのであった。
っていうか、この後のこと憶えてません。

... つづく。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

SAKANAKANE

森林限界が550mって、サスガは利尻ですね!
スノーシューは、1度体験してみたいです。
利尻の主、縄文杉と並んで、ゼヒともお目に掛かりに行きたいですね。
たちかまが、気になります♪
by SAKANAKANE (2010-03-07 17:56) 

島酔潜人

>>SAKANAKANE-san

私も、2度目のスノーシューです。
最近パワースポットが流行っていますが、ちょっと神秘的な感じです。
縄文杉、3年前に行きましたが、けっこうきつかったです。
たちかま、これは絶品です。
モッツアレラのような食感と誰かが行っていましたが、そんな感じです。
by 島酔潜人 (2010-03-07 18:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。