So-net無料ブログ作成

七夕の日、宇宙創成に思いを馳せる [晴潜雨読]

DSC03072-m.jpg
2010.3@Ogasawara

新月の夜、父島(小笠原)の山の上で寝そべって見た満天の星はすごかった。

今日は、”七夕”
残念ながら、関東地方は厚い雨雲に覆われている。
そもそも、新暦の7月7日は梅雨真っ只中。  月齢も一定していない。
”天の川”を眺めるのは、旧暦の方がいい。 (今年は8月16日)

島で、星空を眺めていると、夜空に吸い込まれるような錯覚に陥る。
古代の人は、星を眺めて未知なる宇宙に思いを馳せたことだろう。

宇宙は、137億年前に起こった大爆発以来、拡がり続けていると言われている。

『ビッグバン理論』

天才科学者達の理論と観測によって、解き明かされた宇宙創成の謎。
拡がり続けていると言われても、何でそんなことがわかるのだろうか?

サイモン・シンの『ビッグバン宇宙論』は、この謎に挑んだ天才たちの苦闘を描いたノンフィクション。
創世神話からアインシュタインの先へ...
何世代にもわたる科学者達の謎解きを、”池上彰”のようにわかりやすく語っている。 
かなり読み応えがある一冊。

ビッグバン宇宙論 (上)

ビッグバン宇宙論 (上/下)

  • 作者: サイモン・シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/06/22
  • メディア: 単行本

もう一冊、
今年の本屋大賞を受賞した、『天地明察』
天体観測と算術を元に、日本独自の太陽暦を創った男の話。
この時代、日本にこれだけの天文学の技術があったことに驚かされた。
史実に基づいた、歴史小説。一気に読めます。

天地明察

天地明察

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: 単行本

真夏の暑くて長い夜、果てしない宇宙に思いを寄せて読む、お奨めの2冊です。

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 6

リュカ

小笠原だったら、本当に満点の星空でしょうね^^
北海道に居た頃は、七夕は晴れるものというイメージでしたが
本州は梅雨時期ですものね^^;
昔は、七夕に「銀河鉄道の夜」のDVDを見るのがすきでした♪

by リュカ (2010-07-07 23:07) 

島酔潜人

>>リュカ-san

そうか、北海道には梅雨らしい梅雨って無いんですね。
星もきれいだろうな。

七夕に、「銀河鉄道の夜」を観るって素敵です。
by 島酔潜人 (2010-07-08 04:35) 

異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
父島の山の上での満天の星は手で掴み取れるほどの輝きですね。
異邦人も富士山からの星空が忘れられません。
ビッグバン宇宙論も天地明察も面白そうですね。本屋さんで探してみます。
(^ε^)♪  

by 異邦人 (2010-07-08 19:56) 

島酔潜人

>>異邦人-san

富士山からの☆空、さぞかしきれいでしょうね。
まだ、富士山に登ったことがないんです。 そのうちにと思いつつ...

うちのベランダから富士山が望めるのですが、夏の空気が澄んでる日は、夜中に登る人たちの明かりがはっきりと見えます。
by 島酔潜人 (2010-07-08 22:37) 

aura-aura

離島で眺める星空、ホント、空に吸い込まれていくよう感じがしますよね。
小笠原では、父島のウェザーステーションで、心地いい風に吹かれて、寝っ転がって星を眺めるのが大好きです。
by aura-aura (2010-07-08 23:10) 

島酔潜人

>>aura-aura-san

ウェザーステーションで☆☆☆、いいですね。
鯨が飛ぶのを見て→夕日を見て→夜空を眺める....  確かに、最高のロケーションだね。 そのまま朝まで眠りたい...
by 島酔潜人 (2010-07-09 08:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。