So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良へ(その七)、明日香村の飛鳥 [旅]

DSC02182-m.jpg
(亀石)

”朝の連ドラ”フリークの私、『飛鳥』に来たかった理由は簡単。
ドラマ”あすか”で見た『亀石』に会いたかった、それだけです。
この亀石、西を向いたら、奈良の盆地が泥の海になるという言い伝えがある。
オトボケ顔が、なんとも愛らしい。

といいながらも、ガッツリ遊んだ。コースは、


飛鳥駅 → 猿石 → 鬼の俎(まないた)&雪隠 → 亀石 → 橘寺(二面石) → マラ石→ 石舞台古墳 → 酒船石遺跡 → 飛鳥寺(最古の仏像) → 甘樫丘 → 飛鳥駅 (約6時間コース)

見所が多すぎたので、石造物をメインに巡った。
これらの石造は、半島からの帰化工匠によって造られたものではと言われている。

ちょこっと紹介...

DSC02163-s.jpg

これは、猿石の四体のうちの一体。
江戸時代に田んぼから掘り出されたそうだ。

DSC02195-s.jpg

橘寺にある二面石。
善悪二相を表していると言われている。

DSC02208-3-s.jpg

連れ合いのお気に入りは、マ〇石。

DSC02281-s.jpg

飛鳥の里はのどかな田園地帯、レンタサイクルで巡るが楽しい。
多少アップダウンはあるが、ギア無しの自転車でもOKだった。

DSC02239-s.jpg

奈良の名所はどこも拝観料や入場料が必要、しかも高い。
飛鳥では、この飛鳥王国パスポート(100円)を買えば、割引になる。
これで、レンタサイクルが100円引きになるので、それだけで元は取れるのだが...
それにしても、金がかかる観光地だ。

声を大にして言いたい! 観光立国目指すんなら、なんとかせい!

DSC02241-s.jpg

自動販売機は、飛鳥ブランド?

DSC02187-s.jpg

『かめバス』って、どんなバスだろうって、ワクワクしていたら普通のバスだった。ガクッ!

最後少し駆け足気味でしたが、奈良の旅日記、これにて終了。


nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 12

rtfk

不思議な石がたくさんあるんですね。
古代への想像をかきたてられます。
ぜひ一度訪れたいと思います。
by rtfk (2010-11-26 23:18) 

メルシータイソン

亀石(^^)!! 自転車で奈良をボタリングしてみたいですね。

by メルシータイソン (2010-11-27 06:54) 

しか

飛鳥自転車探索楽しいですー。大学生の頃夏休みに合宿していました。私もカメさん愛らしくて好きです!
by しか (2010-11-27 11:42) 

異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
昨日はゆっくり出来なくて残念でした。
奈良は魅力的ですが、確かに拝観料など嵩みますね。
風化によって変形した石もあるでしょうけど奇石もあるんでしょうね。
そういうのもまた楽しいですね。(^O^)
by 異邦人 (2010-11-28 17:03) 

島酔潜人

>>rtfk-san

古代遺跡って、なんかロマンがあっていいですね。
ぜひ。
by 島酔潜人 (2010-11-28 17:18) 

島酔潜人

>>メルシータイソン-san

明日香、自転車で巡るの楽のしいですよ。
今度、ご家族でどうですか?
by 島酔潜人 (2010-11-28 17:20) 

島酔潜人

>>しか-san

何の合宿ですか? 遺跡発掘?
この亀、いいですよね。
by 島酔潜人 (2010-11-28 17:24) 

島酔潜人

>>異邦人-san

昨日は、偶然にもお会いできてよかったです。
いやぁ~ 奈良は奥が深い。
まだまだ行きたいところがいっぱいです。
by 島酔潜人 (2010-11-28 17:27) 

渚の探偵:助手

大きな声では言えませんが・・・
県南牟岐町の沖に浮かぶ無人島の牟岐大島には、マ〇石もビックリの奇岩「珍宝岩」と「マ〇〇岩」という巨石があるんですよ~!
だからといって、県南の人は下作だなぁ・・・なんて思わないでくださいね(笑)
島酔潜人さんも、もし機会があるならば、一度牟岐大島でこの巨石を見学されては如何でしょうか?
毎年お盆に牟岐町で開催される、奇祭「姫神祭り」の時が面白いですよ。(^^)

by 渚の探偵:助手 (2010-11-29 19:19) 

島酔潜人

>>渚の探偵:助手-san

怪しい書き込みかと思って、消すとこでした。(笑)
ネットで、確認しました。
県南にこんな祭りがあったなんて....
日本全国には、この手の奇祭がまだあちこちにありそうですね。

by 島酔潜人 (2010-11-29 21:04) 

aura-aura

巨大な石群は、ミステリアスですよね。
そして「亀」をキーワードにした伝承は、色々あって興味深いです。
この「奈良明日香の亀石」、与那国海底遺跡の「亀のレリーフ」、そして「竜宮城」のお話。。。亀に畏怖の念を感じますね。
by aura-aura (2010-11-29 23:21) 

島酔潜人

>>aura-aura-san

亀は、昔からなじみの深い生き物だったんでしょうね。
与那国の海底遺跡、行ってみたいな。
by 島酔潜人 (2010-11-30 13:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。