So-net無料ブログ作成

天翔ける女 [旅]

DSC09108-m.jpg
大浦けい居宅跡

2月に行った長崎のこと...
大河ドラマ『篤姫』の時、鹿児島が観光客で賑わったように、『龍馬伝』の後の長崎では、”龍馬ゆかりの地”が観光客で賑わっていた。

龍馬伝で、余貴美子さんが演じていた、

yokimiko-s.jpg

大浦慶

を憶えていますか?
幕末動乱期に女ひとりで上海へ密航し、日本茶をはじめて輸出して成功した女商人。
その名は日本全国に知れ渡り、坂本龍馬らとも親交があった。
その栄光と没落の波瀾に満ちた彼女の一生は、白石一郎の長編小説、『天翔ける女』に描かれている。

長崎の思案橋の近くに訪ねた彼女の居宅跡、今はカラオケボックスになっていた。


天翔ける女 (文春文庫 (370‐1))

天翔ける女

  • 作者: 白石 一郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1985/01
  • メディア: 文庫

nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 8

異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
覚えています。龍馬伝で、余貴美子さんが
演じていた大浦慶は凄いですね。
この時代の女性としては龍馬に匹敵するほどの
知名度がもう少しあってもいいと思いますけどね。
by 異邦人 (2012-04-25 22:20) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

へえー、こんな女性がいたのですねえ。
龍馬伝も見なかったし、この女性も知りませんでした。
当時の女性が大きな商売を始めようとしたのは、
その背景に何らかの事情があったのでしょうか。
興味深いですよね。
by momomo (2012-04-26 01:16) 

島酔潜人

>>異邦人-san

実際、豪快な人だったようです。
白石一郎の小説では、少し艶っぽく描かれていますが...
by 島酔潜人 (2012-04-26 09:00) 

島酔潜人

>>momomo-san

油商だった家の財政が傾き、大火で消失したので、その再興を尽くしたようです。でも、栄華を誇ったにも関わらず、かわいそうな末路だったようです。
女傑と言えば、沖縄の『照屋敏子』と『金城夏子』もすごいですね。
by 島酔潜人 (2012-04-26 09:08) 

rtfk

居宅跡がカラオケとは・・・少し悲しいですね。。。

by rtfk (2012-04-26 10:21) 

Q

大浦慶って、人物像が諸説色々ありますね。
あの時代の女傑っていうのは、相当だったんでしょうか。
この写真、とっても複雑な感じがしますが、
なんとなくウズきます(謎)
by Q (2012-04-26 18:49) 

島酔潜人

>>rtfk-san

立派なお屋敷だったようですが、没落して跡取りもいなかったので残らなかったのでしょう...残念ですね。
by 島酔潜人 (2012-04-27 08:51) 

島酔潜人

>>Q-san

Qさん、歴史好きなんですね。
あの時代に女性が商売で成功するっていうのは、並大抵じゃなかったと思いますね。
ちょっと、シュールかな。
by 島酔潜人 (2012-04-27 08:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。