So-net無料ブログ作成

シーボルトの眼 [旅]

DSC09120-m.jpg
シーボルト記念館

もう一つだけ、2月に行った長崎のこと...
長崎の繁華街から少し離れたところに、

シーボルト記念館

がある。

DSC09119-s.jpg

入り口の近く、自ら”オタクサ”と呼んで愛したアジサイの庭にあったシーボルトの胸像。

江戸時代、日本に近代西洋医学を伝えた功績は大きく、日本の自然や文化を研究し、ヨーロッパに広く紹介した。 しかし、禁制の日本地図を持ち出そうとして国外追放処分となったシーボルト事件もあり、日本の内情を探索をするためのスパイだったという説もある。

gousu.jpg

この記念館に、シーボルトの日本人妻”滝(タキ)”とその子”イネ”を描いた『螺鈿の合子』が展示してあった。
その絵を描いたのが、出島の出入り絵師、

川原慶賀

シーボルトの指導のもと、伝統的な日本画法に西洋画法を取り入れ、その精細な動植物の絵は、シーボルトらの著作である『日本動物誌』『日本植物誌』の図にも利用された。その繊細で緻密な図は、現代においても十分通用する。

長崎歴史文化博物館のHPで、川原慶賀の作品を見ることができます。⇒ ココ
必見ですよ。

そんな絵師をモチーフにした”ねじめ正一”の小説、『シーボルトの眼』は、葛飾北斎の娘、阿栄との恋も絡んだりして、おもしろい読み物になっています。

シーボルトの眼 出島絵師 川原慶賀

シーボルトの眼 出島絵師 川原慶賀

  • 作者: ねじめ 正一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05/26
  • メディア: 単行本
日本植物誌―シーボルト『フローラ・ヤポニカ』

日本植物誌―シーボルト『フローラ・ヤポニカ』

  • 作者: シーボルト
  • 出版社/メーカー: 八坂書房
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本
ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)

ふぉん・しいほるとの娘〈上下〉

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: 文庫

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 4

こちみん

シーボルト記念館!
志の輔さんの新作落語「大河への道」を聴いて以来憧れの場所です。
学芸員さんが楽しい方だとか。

ピーピングしのすけのふしあなから世間「シーボルト記念館から」
http://meiboku.exblog.jp/12920376/

川原慶賀さんの絵も味わい深くてステキですね。

by こちみん (2012-04-28 15:00) 

島酔潜人

>>こちみん-san

シーボルト記念館に食いついてくれてうれしいです!
志の輔さんとつながりましたね。
学芸員さんて面白い方なんですか... その話を知っていれば絡んだのに。
長崎に行かれたときにはぜひ!
川原慶賀さんの絵は、ほんとうにすばらしいです。
by 島酔潜人 (2012-04-29 00:03) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

いろんなこと知っているなあ。
そういえばはるか昔、
『オランダおいね』っていう連続ドラマがありましたね。
丘みつ子が主演だったような。
突然、思い出しました。
by momomo (2012-04-30 00:58) 

島酔潜人

>>momomo-san

”イネ”さんのドラマがあったんですか... アーカイブセンターに見に行かなくては。(笑)
イネさんは、日本で初めての女医さんだったそうです。
by 島酔潜人 (2012-04-30 09:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。