So-net無料ブログ作成

孤愁(サウダーデ) [阿波のこと]

DSC01405-m.jpg

新田次郎は、『サウダーデ』というポルトガル語を、

孤愁

という日本語に置き換えた。
1980年に亡くなるまで毎日新聞に連載されていた同名の小説は、明治~大正期の日本の美しさを欧米に紹介し、日本の風土を愛し、日本の女性を愛し、徳島で生涯を終えた、ポルトガル人外交官、

モラエス

の半生を描いたもの。
日本を愛しながら、故郷のポルトガルへの哀惜の念を抱き、遠く異国の地で孤独に幕を閉じた彼の生涯を、孤愁(サウダーデ)という言葉で言い表した。

13年前(1999年)、『孤愁』が再版されたとき、それが新田次郎の絶筆とは知らずに読んだが、それは未完の作だった。(画像の水色の上下巻)
その後、息子の”藤原正彦”さんが、その遺志を継いで続きを書くということを知った。
首を長くして待ち続けていた本が、昨年末やっと世に出た。

亡き父が、取材のために歩いたポルトガルや徳島の地を何度も歩き、残された取材ノートを頼りに....親子とはいえ”新田次郎”の小説の続きを書くということは、そうとうな苦労があったことと思われる。
32年越しの親子の共同作品、藤原正彦さんの悲願がやっとかなったようだ。

今度、徳島に里帰りしたら”モラエスゆかりの地”を歩いてみようと思う。

画像に写っている陶器の皿は、ポルトガルで買った、”オリーブ入れ”、種を捨てるところが分かれているところが気に入っている。


 

孤愁〈サウダーデ〉

孤愁〈サウダーデ〉

  • 作者: 新田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: 単行本
徳島の盆踊り―モラエスの日本随想記 (講談社学術文庫)

徳島の盆踊り―モラエスの日本随想記

  • 作者: W.de モラエス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 文庫

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 2

異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
あっこの「孤愁」持ってます。それも第一刷です。
昭和55年に文藝春秋から発売されたものです。
もう一度読んでみようかな。
そしたら異邦人のブログにも掲載したいです。
by 異邦人 (2013-01-23 18:52) 

島酔潜人

>>異邦人-san

初版本持っているんですね... さすがですね。
たぶん初版本は、最終章が、”無題”となっているのでは?
今回の共著版では、その”無題”が、”日露開戦”という章になり、その後の章からが、藤原正彦さんが書かれたものになっています。
by 島酔潜人 (2013-01-23 21:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。