So-net無料ブログ作成

ヨーガン・レールの海辺で拾いもの [磯乞食]

DSC03876-m.jpg

3月号の『ku:nel』に、

ヨーガン・レールの 海辺で拾いもの

という記事が載っていました。

ヨーガンレールは、東京都と八重山諸島の家を半々に暮らしているそうです.... 『暮らすなら、人が厳しいところより、自然が厳しいところがいい』と言っていましたが、八重山でそれを実践しているのかもしれません... うらやましいなぁ~

八重山にいる時は海辺を散歩して、貝やサンゴのカケラなどを拾って、箸置きや石鹸置きにしているそうです。そこまでなら誰でもやるプチお洒落なのですが、彼がすごいのは、プラスティック浮子やペットボトルのフタ、ボロボロに朽ちたプラスティックのジョウロや磨れたCD、ほとんどというか100%ゴミの素材を使ってオブジェを作っているところです、シャンデリアにいたっては、カラフルなプラスティックゴミや魚網を使っていて、とっても怪しい光を放っています。(詳しくは、雑誌を見てください)
ビーチコーマーの間でも、プラマニアぐらいしか拾わないようなゴミまで使ってしまう才能はさすがです。
八重山諸島にある彼の家は、広大な敷地の中に建つインドネシアの古民家を移改築したもので、そのナチュラル感とは相反する美がおもしろいのかもしれません... でも、普通の家に飾ったら、ただのゴミオブジェになってしまいそうですが...

天然素材にこだわった製品作りをしている彼の作品とは対照的な人工的なゴミのオブジェ... 共通にあるのは環境問題....彼は、日本の海岸に流れ着く大漁のゴミ問題をこのままにしておくと、ペシミスチックだと語っています。

漂着ゴミとシーボーンアートの別の世界を垣間見たようなきがしました。

ku:nelの『箱のなか』という連載記事には、”南方熊楠”の標本箱の記事も載っていた... ku:nelって、単に”食う寝る”だけの雑誌じゃなかったんですね。ww

ちなみに、僕が作ったゴミアート(?)は、これ

DSC05193-m.jpg

渡名喜島の道でつぶれていたオリオンビールの缶を拾ってきて、額に入れてみました。ww

ku:nel (クウネル) 2014年 03月号 [雑誌]

ku:nel (クウネル) 2014年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2014/01/20
  • メディア: 雑誌

ヨーガン レールとババグーリを探しにいく

ヨーガン レールとババグーリを探しにいく

  • 作者: ヨーガン レール 高木 由利子 高橋 みどり
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

渚で見つけて手づくりクラフト―ビーチコーミング&シーボーンアート (レッスンシリーズ)

渚で見つけて手づくりクラフト―ビーチコーミング&シーボーンアート (レッスンシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: パッチワーク通信社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: ムック

 

 


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 10

ちょいのり

オリオンの缶のアート素敵ですね☆
エコでアート地球に優しいなんて最高の趣味じゃないですか^^

by ちょいのり (2014-02-28 01:36) 

島酔潜人

>>ちょいのり-san

島旅でビーチコーミングも楽しいし、それで何か作れるともっと楽しいですよね。
それにしても、漂着ゴミは大きな問題です。ほとんどがお隣の国から... PM2.5 も問題になっているし、なんとかしてもらわないと大変なことになってしまいますね。
by 島酔潜人 (2014-02-28 09:24) 

リュカ

ボロボロに朽ちたプラスティック、普通は絶対拾わないですよね^^;
それが作品の一部として生まれ変わるなんて
すごいなって思います。
そういう人、かなーーーーり尊敬しちゃう。
島酔さんの作品も素敵!
こうやって飾ると、かなり立派なアートになりますね♪
面白いです^^
by リュカ (2014-02-28 09:36) 

H-nick

いつも楽しく、興味深く拝見させていただいています。
久しぶりにオリオンビールが飲みたくなりました。
ビーチコーミングされた漂着物で作るクラフトには、それぞれの思いが
込められいるし、作品は記憶となります。
自然界に出されたゴミが、蘇る時でもあります。
人と自然 いい関係で在りたいものです。
by H-nick (2014-02-28 13:10) 

島酔潜人

>>リュカ-san

ヨーガンレールの作品は、ある意味すごいです... こんなものまで使うのかって感じです。
拾うのも楽しいですが、それで何か作るのも楽しいですよね。
by 島酔潜人 (2014-02-28 13:52) 

島酔潜人

>>H-nick-さん

いつも見てくださってありがとうございます。
確かに、思い出が作品になるんですよね... そして記憶となる...
漂着ゴミの問題... 彼が言っているようにペシミスチックにならないようにしないといけないですね。
by 島酔潜人 (2014-02-28 13:58) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

ヨーガン・レールって竹の人でしたっけ。
石垣のどのあたりに住んでいるのだろう。
島酔さんも同じ流れの人ですね(笑)。
この前のフジツボスタンドなんていい勝負しているかも。
ビールの空き缶もいいですねえ。
渡名喜島というのがまたいい。
by momomo (2014-03-01 00:37) 

島酔潜人

>>momomo-san

ババグーリで竹の製品とか扱っていますね... 天然素材にこだわっています。 あの生活、憧れますね... いつか..
by 島酔潜人 (2014-03-01 09:01) 

☆彡異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
もともと才能がある人なんですね。凄いです。
島酔潜人さんも才能が隠れているのではないでしょうか。
凄いです。
by ☆彡異邦人 (2014-03-01 11:33) 

島酔潜人

>>異邦人-san

ヨーガンレールの服は、私には似合いませんが、製品作りには共感でてきるところがあります。
私も、才能をもてあましています...(笑)
by 島酔潜人 (2014-03-01 13:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。