So-net無料ブログ作成
検索選択

点と点が繋がった瞬間 [晴潜雨読]

DSC05382.JPG

昨日読んだ、「最後の冒険家
これも、北村浩子さんのBooks A to Z で紹介された本。
手に取った時、裏表紙のヤギの写真がなんとなく気になっていた。

熱気球で太平洋横断(日本からアメリカへ)に挑戦した「神田道夫」さんの冒険の記録だ。
2004年、第1回目の挑戦は、太平洋に不時着し奇跡的に助かる。
著者の石川さんは、その時のパートナー

2008年の1月、2回目の挑戦で、神田さんは帰らぬ人となった。

2008年の8月、1回目の挑戦で二人が乗っていたゴンドラが、トカラ列島の悪石島に打ちあがった。
先日の日食で、一躍有名になった島だ。
ゴンドラが、太平洋で放棄されたのは4年前。
太平洋を還流する潮によって、4年も漂流していたことになる。
奇跡的な漂流物だ!

連絡を受けた著者が、確認のために悪石島に出向いたのが、2008年8月9日。

偶然にも、その日、私は同じフェリーに乗っていた。
悪石島が見えた時、彼と一緒にゴンドラが打ち上げられた浜を見ていたことになる。

島旅で乗った船、奇跡的に打ちあがった漂流物、薦められて読んだ本。
全く関係ない点と点が繋がった瞬間、鳥肌が立った。

最近、こんな経験をよくするようになった。
歳をとったせいかもしれない...

最後の冒険家

最後の冒険家


奇跡のリンゴ [晴潜雨読]

北村浩子さんの「Books AtoZ」で紹介されていた、「奇跡のリンゴ」
NHKの「プロフェッショナル、仕事の流儀」で見た人も多いと思う。

あることをきっかけに、不可能と言われた無農薬によるリンゴ作りに挑戦する男の話。
8年間、リンゴも実らず、収益も無く、夜のバイトをしながら、貧乏のどん底で、ひたすら実験を繰り返す。周りの農家からは白い目でみられ、親戚からも見放され....
ついに絶望に達し、死のうと思って入った山の中で見た、自然の摂理。
そこで、大きな転機が訪れる。
それから、「奇跡のリンゴ」への快進撃が始まる。
主人公の木村さんは、本当に前向きで明るい人、歯のない笑顔が素敵です。
久しぶりに感動した一冊。

自然に生きる人間も、飽食におぼれず、薬に頼らず、治癒能力を高める必要があると思った。


白洲次郎 - カッコいい男 - [晴潜雨読]

今日、NHKで、白洲次郎のドラマをやっていた。

Tシャツとジーンス姿もカッコいいが、彼の自由な生き方に憧れる。
吉田茂の側近として、戦後の日本を独立へと導いてくれた人だ。
あの激動の時代、広田弘毅や石田礼助 と同じく、世界観を持って日本の将来を考えていた。

「風の男 白洲次郎」は、そんな彼のダンディズムが感じられる一冊。

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)


星野道夫 - 生命(いのち)の語りべ - [晴潜雨読]

  • PC310077.JPG
    (Fairbanks)

  • 昨年の冬、フェアバンクスを訪ねた。
    星野道夫が最後に住んでいた町は、11時に日が昇り、2時に日が沈んだ。
  • 彼が不慮の死を遂げてから、もう12年になる。
    写真家でありながら文章家。
    森や、川や、そこに生きる動物の魂が語りかけてくる。
    押し付けがましくない自然な感情の表現。
    彼は、生命(いのち)の語りべだったと思う。

    ファインダー越しの風景は、時に優しく、時に厳しい。

    「風のような物語」は、長年の旅の友。 ボロボロになってしまった。 

 

アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)

アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)

 

ノーザンライツ (新潮文庫)

ノーザンライツ (新潮文庫)

  • 作者: 星野 道夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 文庫

北村浩子の「books A to Z」 [晴潜雨読]

AM 7:30、FMYokohama に起こされる。
AM 7:52、 「books A to Z」 が始まる。(隔週)

最近、北村浩子 にはまっている。ついつい読みたくさせるような「本」の紹介。
透明感のあるおちついた声で紹介されると、催眠術にかけられたように買ってしまう。
今日もまんまとやられてしまった。
その上、Amazon にまで、「この本を買った人は、こんな商品も買っています」とか、「**さんにおすすめの商品があります」とか言われて、またまた買わされてしまう。
まんまと戦略にはまっている。(教訓その2:酔っ払っている時は、ヤフオクとAmazon には手を出すな!)

そんなわけで、積読(つんどく)本が増えている。年末年始、一気に読むぞ!
北村浩子さんの「books A to Z」で紹介された本、下記に掲載されています。また、オンエアされた内容を、PodCast で聞くことができます。ぜひ聞いてみてください。絶対にはまります。

http://www.fmyokohama.co.jp/onair/program/steps/books/

ってことで、今週買わされてしまった本

料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)

料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)

  • 作者: ハリー・クレッシング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1972/02
  • メディア: 文庫

誰よりもキミが好き―日本語力を磨く二義文クイズ

誰よりもキミが好き―日本語力を磨く二義文クイズ

  • 作者: 山内 博之
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。