So-net無料ブログ作成
阿波のこと ブログトップ
前の5件 | -

徳島で観た鳥たち... [阿波のこと]

徳島に帰省したついでに、撮った鳥達。

1-m.JPG2-m.JPG3-m.JPG
コウノトリ

今、徳島にはコウノトリが来ています。
一度、繁殖に失敗し、メスは島根の方に飛んでいったのですが、その後、後輩のメスがやってきていました... でもまだペアリングしていない様子。

まだまだ続きます。

>>続きを読む


孤愁(サウダーデ) [阿波のこと]

DSC01405-m.jpg

新田次郎は、『サウダーデ』というポルトガル語を、

孤愁

という日本語に置き換えた。
1980年に亡くなるまで毎日新聞に連載されていた同名の小説は、明治~大正期の日本の美しさを欧米に紹介し、日本の風土を愛し、日本の女性を愛し、徳島で生涯を終えた、ポルトガル人外交官、

モラエス

の半生を描いたもの。
日本を愛しながら、故郷のポルトガルへの哀惜の念を抱き、遠く異国の地で孤独に幕を閉じた彼の生涯を、孤愁(サウダーデ)という言葉で言い表した。

13年前(1999年)、『孤愁』が再版されたとき、それが新田次郎の絶筆とは知らずに読んだが、それは未完の作だった。(画像の水色の上下巻)
その後、息子の”藤原正彦”さんが、その遺志を継いで続きを書くということを知った。
首を長くして待ち続けていた本が、昨年末やっと世に出た。

亡き父が、取材のために歩いたポルトガルや徳島の地を何度も歩き、残された取材ノートを頼りに....親子とはいえ”新田次郎”の小説の続きを書くということは、そうとうな苦労があったことと思われる。
32年越しの親子の共同作品、藤原正彦さんの悲願がやっとかなったようだ。

今度、徳島に里帰りしたら”モラエスゆかりの地”を歩いてみようと思う。

画像に写っている陶器の皿は、ポルトガルで買った、”オリーブ入れ”、種を捨てるところが分かれているところが気に入っている。


 

孤愁〈サウダーデ〉

孤愁〈サウダーデ〉

  • 作者: 新田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: 単行本
徳島の盆踊り―モラエスの日本随想記 (講談社学術文庫)

徳島の盆踊り―モラエスの日本随想記

  • 作者: W.de モラエス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 文庫

阿波と五島のコラボ [阿波のこと]

DSC01874-m.jpg

”うどん県”のお隣の徳島は、当然ながら蕎麦よりもうどん。
その中でもめずらしい食べ方が、

たらいうどん

要するに釜揚げうどんの、たらい版。
先日、実家に帰ったとき、『五島うどん』をたらいうどんにして食べてみました。

本来なら、”じんぞく(カワヨシノボリ)”の出汁を使うところ。
祖父がいた頃は、川で獲ってきた”じんそく”を竹串に刺して、焼いてから出汁をとってました。
これがけっこうな手間...

さすがに、そこまではできなかったので、五島の”アゴ出汁”を使いました。
『五島うどんのたらいバージョン』、実家でも大好評でした。

DSC01872-m.jpg

そう言えば、何十年ぶりかで、

イタドリ

を食べた... 私は塩をつけて食べます。

山の果実 [阿波のこと]

DSC01894-m.jpg

桜の花が満開の徳島の里山、やっと梅の果実が膨らみだしました。

DSC01896-m.jpg

これは

グミの花

私の田舎では、『しゃしゃぶ』と呼んでいます。
夏前には赤い実がなります。
子供の頃食べた、ちょっと渋い味がなつかしい。

DSC01866-m.jpg

これは、近くの神社の参道で見つけた、

アケビの花

秋に、収穫に帰って来れないのが残念です。

里山の果実が実る季節になってきました。

ふるさと [阿波のこと]

DSC01767-m2.jpg

ふるさとの山に向かひて
言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな  (啄木)

そんな気分になります... 歳のせいでしょうか?

DSC01786-m2.jpg

春の匂いが充満した季節の里帰りって、何年ぶりだろう?
目一杯深呼吸... 空気が美味しい。

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集

  • 作者: 石川 啄木
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1952/05
  • メディア: 文庫

前の5件 | - 阿波のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。