So-net無料ブログ作成

ツマベニチョウのメスって大胆?   沖永良部島、徳之島の旅(6) [島旅]

DSC05442-m.jpg

沖永良部島に限らず、南の島には美しい蝶がいっぱいいます。
オオゴマダラやツマベニチョウが、ガジュマルやクワズイモの杜の中を優雅に漂うさまは、それはそれは幻想的で、まるでルソーや田中一村の描く楽園のようです。

ところで、一枚目の画像は沖永良部島の史跡を探索中にみた珍しい光景。

ツマベニチョウのオスとメスが乱舞しながら舞い降りてきたと思ったら、いきなりメスが上向きになり、お尻を上げるではないですか... 
うわっ、なんと大胆な... ツマベニチョウのメスって積極的... と思ったのですが... 実は、これは拒否のポーズ。
追っかけまわすオスに対して、メスが交尾を拒否する蝶の行動なんですね。
それでも、オスはストーカーのようにしつこく追っかけましてましたが....

DSC06868-s.jpg

これは、ツマベニチョウの幼虫。

DSC06835-s.jpg

これは、サナギ.... 羽化前日で、既にツマベニのオレンジ色が出ていました。
残念ながら、羽化の瞬間逃してしまいました。

DSC06836-s.jpg

幼虫やサナギが住んでいたのは、ツマベニチョウが食草としている。

ギョボク(魚木)

エギ(イカ釣り用の疑似餌)に使われる木だそうです。



続く...

フィールドガイド 日本のチョウ: 日本産全種がフィールド写真で検索可能

フィールドガイド 日本のチョウ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2012/04/24
  • メディア: 単行本

nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 6

異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
これは貴重な蝶でしょう。
初めて見ました。
蝶を採集している人には
この写真だけでもたまらないでしょう。

by 異邦人 (2013-08-11 22:27) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

蝶ってどんな基準で、
あいつならいい、こいつはダメ、って判断するのでしょう。
とっても気になる…(笑)。
by momomo (2013-08-12 03:27) 

島酔潜人

>>異邦人-san

こちらでは見かけませんが、南の島ではポピュラーな蝶です。
シロチョウの中では最大なので、飛び方が優雅で、白にオレンジのコントラストが美しいですね。
by 島酔潜人 (2013-08-12 15:31) 

島酔潜人

>>momomo-san

意外と、しつこいのが子孫を繁栄しているかも。
momomoさんは、夜の蝶でも追っかけといてください。
by 島酔潜人 (2013-08-12 15:33) 

taharas

次は徳之島ですか?懐かしい・・・
私も親父の転勤で小5~中1迄、徳之島の
面縄(オモナワ)で過ごしました、中2~中3は
奄美本島の古仁屋、中3の修学旅行?は徳之島一周でした。
小5の時の教室は未だ茅葺小屋で床は校庭と同じ赤土でした・・・
でも加計呂麻には無かった乗合バスが走ってた(加計呂麻は船)

by taharas (2013-08-14 13:25) 

島酔潜人

>>taharas-san

懐かしい風景が残っていたんですね。
修学旅行で徳之島っていうのも、今となっては貴重な体験なのではないしょうか。
by 島酔潜人 (2013-08-23 08:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。