So-net無料ブログ作成

珈琲は犬田布岬で...   沖永良部島、徳之島の旅(14) [島旅]

DSC06190-m.jpg

奄美十景にも数えられている

犬田布岬(いぬたぶみさき)

琉球石灰岩の浸食された地形と海の青さが美しく広々とした場所。

DSC06195-s.jpg

ここには大きな、

戦艦大和慰霊塔

が建っている。
この慰霊塔のデザインは戦艦大和がモチーフになっているそうだ。

何故、ここに慰霊塔が建てられているかというと、元乗組員が書いた本に、『...徳之島西方二〇浬ノ洋上、「大和」轟沈シテ巨體四裂ス...』と書かれていたことにより、長い間、徳之島の犬田布岬の西方沖に、戦艦大和の沈んでいると考えられていたからだそうです。(後に訂正された)

実際に”戦艦大和”が撃沈されたのは、北緯30度43分、東経128度04分。
以前、種子島の島旅ブログに、『戦艦大和は、夕暉が丘の真西の方向約280kmの海の底に眠っている』と書いたが、徳之島よりはるか北方の海です。

この岬はかつて観光客で賑わっていたようで、

DSC06199-s.jpg

ホテルらしき建物もありましたが、今は営業しておらず寂れたままになっていた。

DSC06204-s2.jpg

その一角にあったのが、

珈琲スマイル

営業中の看板がなければ、見落とすところでした。
ここにも、カフェブームの波が.... と思って入ったらそれが大間違い。

DSC06203-m2.jpg

この場所で30年以上営業しているという、筋金入りの珈琲屋さんでした。
自家農園で栽培した徳之島産のコーヒーを飲めることでも有名らしい。

DSC06201-s.jpg

壁の落書きにもその歴史を感じます。
スマイルという名前といい、カフェなどとは軽々しく呼べない... 居心地がよくて、珈琲のおいしいお店でした。



続く....

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 吉田 満
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/08/03
  • メディア: 文庫


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 4

かよこ

この喫茶店行ったんですね(´▽`)
実はまだここのコーヒー飲んだことない私…

カフェブームは島のあちこちにもきてるようで、あちこちにカフェちっくなお店ができてきてます~
by かよこ (2013-09-30 21:26) 

島酔潜人

>>かよこ-san

珈琲おいしかったですよ。
でも、残念ながら徳之島産の珈琲は既に完売して飲めませんでした。

やっぱり、徳之島にもカフェできてますか... 女子会できますね。
by 島酔潜人 (2013-10-01 00:52) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

なるほど、筋金入りの雰囲気。
名前も東京の路地にある老舗のようですね。
暑い日にここでアイスコーヒー飲んだらおいしいだろうなあ。
でも、廃墟となったホテルが怖いです。

大和はきっと、畏怖を感じるほどにすごい戦艦だったのでしょうね。
だから米軍も徹底的に叩くしかなかった…。
沈んだ場所がどこであろうと、
沖縄にたどり着くことさえできなかった哀しさが伝わってきます。
by momomo (2013-10-01 01:29) 

島酔潜人

>>momomo-san

今流行のカフェでなく、昔ながらの喫茶店というのがいい感じでした。

大和は、本当の意味でフラグシップだったんでしょうね。
哀しい最後ですね。
by 島酔潜人 (2013-10-01 08:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。