So-net無料ブログ作成

ウミガメの島     沖永良部島、徳之島の旅(5) [島旅]

P7040750-m.JPG

この中に、”ウミガメ”は何頭いるでしょう?  答えはのちほど...

沖永良部島は、ウミガメの島。
島の北側には、崖の上から海を眺める場所があるので、簡単にウミガメを見つけることができます。ワンジョビーチから海沿いに半崎方面へと向かう途中にある

海ガメビューポイント

には、双眼鏡も設置されているのでウミガメをじっくり観察するにはお勧めです。

P7040750 -2.jpg

ということで、答えは”9頭”でした。(ちょっとわかりにくいですが)

P7020447-m.JPG

いつも泊っている宿のすぐ下に海でも、毎日見ることができました。
呼吸するために水面に顔を出したこいつは、アオウミガメ。

P6300184-m.JPG

僕らが滞在したのは、6月末~7月始め(2014年)。
早朝、宿のすぐ下の浜を見ると、ウミガメが産卵のために上陸した跡が観察できました。
でも、その後の台風で大半がやられたそうです。

もちろん、海の中でも簡単にウミガメに会うことができます。







続く....



ウミガメの自然誌: 産卵と回遊の生物学

ウミガメの自然誌: 産卵と回遊の生物学

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: 単行本

nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 8

☆彡異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
ウミガメの産卵シーンをTVなどで見たことありますが、
実際のウミガメは水族館でしか見たことありません。
自然でのウミガメを見る事が出来るって凄いですね。
by ☆彡異邦人 (2015-02-22 11:37) 

リュカ

8!って思ったら9でした(笑)
こんなふうにカメさんに会えるなんて・・・
ずっとこういう環境であってほしいって
思いました^^

台風かあ・・・
by リュカ (2015-02-22 12:19) 

島酔潜人

>>異邦人-san

今回も、地元のウミガメネットワークが行っている観察会に参加させてもらい、ウミガメの産卵を見させてもらいました。
何年か前には、孵化して海に帰るところも見ました。
彼らも必死に生きています。
by 島酔潜人 (2015-02-22 18:03) 

島酔潜人

>>リュカ-san

おしい! 正解したらウミガメの卵をプレゼントしようと思っていたのに。
最近、ウミガメが増えているような気がします。
by 島酔潜人 (2015-02-22 18:05) 

taharas

ウミガメか?
故郷の加計呂麻に帰った時、対岸の近大マグロ養殖場の
ある花天湾の養殖イケス周辺に行くといつもウミガメがいた
のを思い出しました、養殖イケスの餌のおこぼれ目当て?
by taharas (2015-02-22 22:48) 

島酔潜人

>>taharas-san

餌のおこぼれか、網に着いた海草を狙っているのかもしれませんね。
加計呂麻周辺も、ウミガメが産卵のために上陸するところがありそうですね。
by 島酔潜人 (2015-02-22 23:15) 

momomo

島酔さん、こんばんは。

ウミガメは頭を水面に出してくれないとわかりづらいですよね。
お隣のヨロン島に台風が来たとき、
イノーにどれだけウミガメが逃げ込んでいるか観察していたら、
島酔さんの写真くらいの密度で、
それこそ数え切れないほどに逃げ込んで? きていました。
動物は敏感ですね。
by momomo (2015-02-24 01:33) 

島酔潜人

>>momomo-san

そうなんですか?
台風の時にはイノーに逃げ込んでくるんですね.... 知らなかった。
by 島酔潜人 (2015-02-24 16:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。